Google+ Followers

2015年2月5日木曜日

放射能汚染、大­気汚染、海洋汚染など待ったなしに進む人類の汚染に希望の道筋をしめしたドキュメンタ­リー映画。 白鳥哲監督からのメッセージ: 2011年5月、映画「フクシマ」の取材で福島県へ行ってきました。ガイガーカウンターの数値は、美しい風景とは裏腹に現実の厳しさを物語っていました。私達人類は地球に対して、大変なことをしてしまっていると実感しました。 私はどうすれば良いのか?何をすれば良いのか?その思いが心から離れずにいた時、蘇生~REVIVAL~と言う事実に行きついたのです。